ハッピーイングリッシュは文科省が2020年から始めるアクティブラーニングにピッタリ!

アクティブラーニング?大学入試改革?教育が、そして受験が、劇的に変わろうとしています。

2020年から文部科学省主導の「大学入試改革」がスタートします。

それは日本の国が大学入試のみを変えようとしているのではありません。

日本の教育全体を変えようとしています。

今までにない大改革だといってもおおげさではありません。

今まで教員から一方的に知識をつけていた知識偏重の教育から、子供たちからの能動的な学習=アクティブラーニングに切り替わります。

小学校高学年の英語の授業、そして中学の英語の授業がどう変わるのでしょう。

まず、先生は英語の授業を英語で行うことが原則になります。

現在でも高校の英語の授業は英語で行うことになっており、多くの高校で実施されているのです。

先生方はきっと授業準備で大変でしょう。

小学校の先生も、中学校の先生も基本的には英語の授業は英語で行うことになります。

文科省は、英語を話せる日本人を育てようとしているのです。

もちろんそれに伴って、受験も大きく変わってきますよ。文法の問題がほとんど出されなくなってくるそうです。日本人が不得意なspeakingとwritingが重視されてきます。

受験がこのように変わることで授業内容も大きく変えることが可能になりました。

文科省は生徒たちに、思考力、判断力、表現力などの知的能力(認知能力)を求めてきます。

英語を話せる力を小学生のうちからトレーニングさせてあげましょう。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です